一軒一軒実際の店舗に見積もりに行かなくても、いっぺ

いま乗っている車を売却したいと思っているとき

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は基本的には2つしかありません。まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。


一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より買値は安くなりがちです。


あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。一社でなく複数に査定してもらえるため、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件が整えば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。


その気になる条件ですが、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。



更に、保険金の還付があったとしても自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

保険会社に対し自らが手続きをしてはじめて還付されます。結婚したことを機に、これまで乗っていた軽を売って、代わりに大型車へと買い換えました。



きっと軽自動車なんて売っても、二束三文にしかならないだろうと思っていたのですが、見積額を聞いてびっくりしました。想像していたよりも大分示された買取価格が高かったのです。
買取業者によれば、軽自動車は結構人気があるそうで、良い値段で買い取ってくれるのだそうです。
一般的に事故車というのは、事故などで破損した車全般を言うのですが、これを中古車査定で使う場合には違うのです。中古車査定の場合には、交通事故などが原因で自動車のおおもと部分を交換しているか、修復したものの事を事故車と呼ばれます。通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。


そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、型式が古い自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。



たとえ自動車ローンが残っていようと場合によっては車を売ることもできます。ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じであることが条件です。車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは実質的な車の所有者はローン会社ということになるので、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合にデメリットになることは、査定サイトに登録されている中古車買取店舗からすぐさま一度に電話攻撃されることが挙げられるでしょう。


はじめは自分で利用したわけですし、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、現実的に売却予定が立っていなくてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが一番楽に断る方法でしょう。車を売ろう!と思うとき、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。

少しでも車を高く売るためには車検に出す方がいいのではないかと思うかもしれません。でも、それは違います。たとえ車検に出しても、それに、見合う買い取り額、査定額の上乗せは期待することはできません。

結局、高くならないなら、車検切れの状態で査定を受けた方が全体的にみてお得なのです。買取市場で高い価値が見込まれる車といえばやはり軽自動車でしょう。
「安さ優先で、日常の足となる車が欲しいというお客様に売れる」「代車としての用途もあるので利便性が高い」などと中古カービューの車買い取り業者の人はコメントしています。

最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、ファミリー層からの需要が伸びてきているようです。



自動車は燃料費や税金の負担が軽く、買いたい人がたくさんいるので、おのずと買取の金額も高くなってくるのですね。
検索サイトで「車査定 相場」というキーワードを入力すると大変な数の一括検索サイトがヒットします。


条件に合わせて、一覧表で査定相場を比較できるサイトも登場しました。



一円でも車を高く売りたい人にとっては、どんどん便利になっています。
その中で、詐欺まがいの被害に遭わせる業者も存在します。ネット上の情報をそのまま信じるのは危険です。


慎重に調べてください。